objective-c - 乱数 - arc4random seed



Objective-Cで乱数を生成する (9)

//次の例では、0〜73の数値を生成します。

int value;
value = (arc4random() % 74);
NSLog(@"random number: %i ", value);

//In order to generate 1 to 73, do the following:
int value1;
value1 = (arc4random() % 73) + 1;
NSLog(@"random number step 2: %i ", value1);

出力:

  • 乱数: 72

  • 乱数ステップ2:52

私は主にJavaの頭です。私は0と74の間の擬似乱数を生成する方法が欲しいです。Javaでは、次のメソッドを使います:

Random.nextInt(74)

シードや真のランダム性についての議論に興味はありません.Objective-Cで同じタスクをどのように達成するかについては興味がありません。 私はGoogleを精査しましたが、ちょっと違った情報がたくさんあるようです。


Answer #1

0から99までの乱数を生成する:

int x = arc4random()%100;

500と1000の間の乱数を生成する:

int x = (arc4random()%501) + 500;

Answer #2

arc4random_uniform()関数を使用する必要があります。 それは優れたアルゴリズムを使用しています。 あなたは種を設定する必要はありません。

#include <stdlib.h>
// ...
// ...
int r = arc4random_uniform(74);

arc4randomのマニュアルページ:

NAME
     arc4random, arc4random_stir, arc4random_addrandom -- arc4 random number generator

LIBRARY
     Standard C Library (libc, -lc)

SYNOPSIS
     #include <stdlib.h>

     u_int32_t
     arc4random(void);

     void
     arc4random_stir(void);

     void
     arc4random_addrandom(unsigned char *dat, int datlen);

DESCRIPTION
     The arc4random() function uses the key stream generator employed by the arc4 cipher, which uses 8*8 8
     bit S-Boxes.  The S-Boxes can be in about (2**1700) states.  The arc4random() function returns pseudo-
     random numbers in the range of 0 to (2**32)-1, and therefore has twice the range of rand(3) and
     random(3).

     The arc4random_stir() function reads data from /dev/urandom and uses it to permute the S-Boxes via
     arc4random_addrandom().

     There is no need to call arc4random_stir() before using arc4random(), since arc4random() automatically
     initializes itself.

EXAMPLES
     The following produces a drop-in replacement for the traditional rand() and random() functions using
     arc4random():

           #define foo4random() (arc4random() % ((unsigned)RAND_MAX + 1))

Answer #3

iOS 9およびOS X 10.11では、新しいGameplayKitクラスを使用してさまざまな方法で乱数を生成できます。

一般的なランダムソース(無名、システムに応じて選択するもの)、線形合同、ARC4、メルセンヌツイスターの4種類のソースを選択できます。 これらは、ランダムな整数、浮動小数点数、およびboolを生成できます。

最も単純なレベルでは、システムの組み込みランダムソースから次のように乱数を生成することができます:

NSInteger rand = [[GKRandomSource sharedRandom] nextInt];

これは、-2,147,483,648と2,147,483,647の間の数値を生成します。 0と上限(排他的)の間の数値を使用する場合は、これを使用します。

NSInteger rand6 = [[GKRandomSource sharedRandom] nextIntWithUpperBound:6];

GameplayKitには、サイコロを使って作業する便利なコンストラクタがいくつかあります。 たとえば、次のように6面のダイをロールすることができます。

GKRandomDistribution *d6 = [GKRandomDistribution d6];
[d6 nextInt];

さらに、 GKShuffledDistributionようなものを使ってランダム分布を形作ることもできます。


Answer #4

arc4random_uniformを使用する方が良いarc4random_uniform 。 ただし、これはiOS 4.3以降では利用できません。 幸いにも、iOSはコンパイル時ではなく、実行時にこのシンボルをバインドします(したがって、#ifプリプロセッサーディレクティブを使用して使用可能かどうかを確認しないでください)。

arc4random_uniformが利用可能かどうかを判断する最良の方法は、次のようなことです。

#include <stdlib.h>

int r = 0;
if (arc4random_uniform != NULL)
    r = arc4random_uniform (74);
else
    r = (arc4random() % 74);

Answer #5

ある範囲内の乱数を生成するには、 arc4random_uniform(upper_bound)関数を使用します。 以下は、0と73の間の数値を生成します。

arc4random_uniform(74)

arc4random_uniform(upper_bound)は、マニュアルページに記載されているようにモジュロバイアスを回避します。

arc4random_uniform()はupper_boundより小さい一様分布乱数を返します。 arc4random_uniform()は、上限が2の累乗でない場合、 " モジュロバイアス "を回避するので、 "arc4random()%upper_bound"のような構造体よりも推奨されます。


Answer #6

これは0から47までの浮動小数点数を与えます

float low_bound = 0;      
float high_bound = 47;
float rndValue = (((float)arc4random()/0x100000000)*(high_bound-low_bound)+low_bound);

または単に

float rndValue = (((float)arc4random()/0x100000000)*47);

上限と下限の両方が負であってもよい。 以下のコード例は、-35.76から+12.09の間の乱数を与えます

float low_bound = -35.76;      
float high_bound = 12.09;
float rndValue = (((float)arc4random()/0x100000000)*(high_bound-low_bound)+low_bound);

結果を丸め整数値に変換する:

int intRndValue = (int)(rndValue + 0.5);

Answer #7

ゲーム開発者のためにrandom()を使用してランダムを生成します。 Arc4random()を使用するよりも少なくとも5倍高速でしょう。 モジュロバイアスは、特にゲームの場合、random()の全範囲を使用してランダムを生成する際には問題になりません。 最初に種を蒔いてください。 AppDelegateでsrandomdev()を呼び出します。 ここにいくつかのヘルパー関数があります:

static inline int random_range(int low, int high){ return (random()%(high-low+1))+low;}
static inline CGFloat frandom(){ return (CGFloat)random()/UINT32_C(0x7FFFFFFF);}
static inline CGFloat frandom_range(CGFloat low, CGFloat high){ return (high-low)*frandom()+low;}

Answer #8

私は自分の乱数ユーティリティクラスを書いたので、JavaのMath.random()のように少し機能したことがあります。 それはちょうど2つの機能を持っていて、すべてC言語で作られています。

ヘッダーファイル:

//Random.h
void initRandomSeed(long firstSeed);
float nextRandomFloat();

実装ファイル:

//Random.m
static unsigned long seed;

void initRandomSeed(long firstSeed)
{ 
    seed = firstSeed;
}

float nextRandomFloat()
{
    return (((seed= 1664525*seed + 1013904223)>>16) / (float)0x10000);
}

これは擬似ランダムを生成するかなり古典的な方法です。 私のアプリケーションデリゲートで私は呼び出します:

#import "Random.h"

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application
{
    initRandomSeed( (long) [[NSDate date] timeIntervalSince1970] );
    //Do other initialization junk.
}

その後、私はちょうど言う:

float myRandomNumber = nextRandomFloat() * 74;

このメソッドは、0.0f以上1.0f以下の乱数を返すことに注意してください。





random