mercurial - password - permission denied publickey windows



信頼できないユーザーroot、グループdevからのファイル.hg/hgrcを信頼しない (2)

リポジトリはユーザrootが所有し、グループdev

別のユーザーがリポジトリでhg updateを実行し、次のメッセージを表示しています。

Not trusting file /dev/.hg/hgrc from untrusted user root, group dev
Not trusting file .hg/hgrc from untrusted user root, group dev
Not trusting file /dev/.hg/hgrc from untrusted user root, group dev
Not trusting file /dev/.hg/hgrc from untrusted user root, group dev
abort: Permission denied: /dev/src/backend/java/com/tt/afr/schedule/service/ScheduleComparator.java

/etc/mercurial/hgrcには、以下があります。

trusted.users=root

hg update実行しているユーザーのホームディレクトリに、次のhgrcファイルがあります。

[trusted]
users = root
groups = dev

ユーザーはsshを使用してサーバーに接続し、コマンドを実行しています。

これを解決するために私たちは何ができますか?

https://src-bin.com


Answer #1

Mercurialの信頼に関するヘルプを読んで、サーバーに信頼設定追加してください。 SSHを介して接続する場合、ローカルで信頼するか信頼しないかは関係ありません。これは、SSHトンネル経由でサーバー上で実行して、configファイルを信頼する必要があるhgバイナリです。

また、

[trusted]
users = root

サーバー上の/etc/mercurial/hgrcファイルに格納されています。 構成設定について話すときに使用するsection.key = name構文は、コマンドラインでのみ機能します。


Answer #2

このソリューションを/repo/.hg/hgrcに追加しても何も起こっていない人は、このソリューションは私のために働いていました: https://j.ee.washington.edu/trac/gmtk/ticket/33 ://j.ee.washington.edu/trac/gmtk/ticket/33

/etc/mercurial/hgrc.d/trust.rc追加し/etc/mercurial/hgrc.d/trust.rc

[trusted]
groups = yourgroup
users = youruser

基本的に、/repo/.hg/hgrcへのアクセス権の書き込みは、ファイル自体が信頼できないユーザーによって所有されているため機能しません。





repository