java - 衝突判定 - 矩形 の 衝突 判定



複雑な形状による衝突検出 (1)

私はイメージから各レベルがロードされたゲームを作りたいと思っています。 私はPhotoshopでレベル全体を作成し、それをバックグラウンドとして設定し、プレーヤーがその上を歩くことを許可します。 私は衝突したいすべての場所で黒くなる別の目に見えない画像を上にしたい。

長方形の衝突などでタイルを使用したくない理由は、複雑なコーナーがあり、すべてが長方形になるわけではないからです。

これはいいアイデアですか、簡単にすることが可能ですか? これは大きなCPUの豚だろうか、これを行う良い方法がありますか?

レベル画像

赤で示された障害


Answer #1

..複雑なコーナーがあり、すべてが長方形になるわけではありません。

これは、 ShapeAreaインスタンスを描画して処理することで実現できます。 例えば

  • 黄色は少しアニメーション化された「プレーヤー」です。
  • 画像の境界は、プレイヤーのパスを含む壁を表します(壁から離れます)。
  • 障害物は衝突していないときは緑色に、そうでなければ赤色に塗られる。

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;
import java.awt.geom.*;
import java.awt.image.BufferedImage;
import javax.swing.*;

class ShapeCollision {

    private BufferedImage img;
    private Area[] obstacles = new Area[4];
    private Area walls;

    int x; 
    int y;
    int xDelta = 3;
    int yDelta = 2;

    /** A method to determine if two instances of Area intersect */
    public boolean doAreasCollide(Area area1, Area area2) {
        boolean collide = false;

        Area collide1 = new Area(area1);
        collide1.subtract(area2);
        if (!collide1.equals(area1)) {
            collide = true;
        }

        Area collide2 = new Area(area2);
        collide2.subtract(area1);
        if (!collide2.equals(area2)) {
            collide = true;
        }

        return collide;
    }

    ShapeCollision() {
        int w = 400;
        int h = 200;
        img = new BufferedImage(w, h, BufferedImage.TYPE_INT_RGB);
        final JLabel imageLabel = new JLabel(new ImageIcon(img));
        x = w/2;
        y = h/2;

        //circle 
        obstacles[0] = new Area(new Ellipse2D.Double(40, 40, 30, 30));

        int[] xTriangle = {330,360,345};
        int[] yTriangle = {60,60,40};
        //triangle 
        obstacles[1] = new Area(new Polygon(xTriangle, yTriangle, 3));

        int[] xDiamond = {60,80,60,40};
        int[] yDiamond = {120,140,160,140};
        //diamond 
        obstacles[2] = new Area(new Polygon(xDiamond, yDiamond, 4));

        int[] xOther = {360,340,360,340};
        int[] yOther = {130,110,170,150};
        // other 
        obstacles[3] = new Area(new Polygon(xOther, yOther, 4));

        walls = new Area(new Rectangle(0,0,w,h));

        ActionListener animate = new ActionListener() {

            @Override
            public void actionPerformed(ActionEvent e) {
                animate();
                imageLabel.repaint();
            }
        };
        Timer timer = new Timer(50, animate);

        timer.start();
        JOptionPane.showMessageDialog(null, imageLabel);
        timer.stop();
    }

    public void animate() {
        Graphics2D g = img.createGraphics();
        g.setRenderingHint(
                RenderingHints.KEY_ANTIALIASING, 
                RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_ON);

        g.setColor(Color.BLUE);
        g.fillRect(0, 0, img.getWidth(), img.getHeight());
        x+=xDelta;
        y+=yDelta;
        int s = 15;
        Area player = new Area(new Ellipse2D.Double(x, y, s, s));

        // Acid test of edge collision;
        if (doAreasCollide(player,walls)) {
            if ( x+s>img.getWidth() || x<0 ) {
                xDelta *= -1;
            } 
            if(y+s>img.getHeight() || y<0 ) {
                yDelta *= -1;
            }
        }
        g.setColor(Color.ORANGE);
        for (Area obstacle : obstacles) {
            if (doAreasCollide(obstacle, player)) {
                g.setColor(Color.RED);
            } else {
                g.setColor(Color.GREEN);
            }
            g.fill(obstacle);
        }

        g.setColor(Color.YELLOW);
        g.fill(player);


        g.dispose();
    }

    public static void main(String[] args) {
        Runnable r = new Runnable() {

            @Override
            public void run() {
                new ShapeCollision();
            }
        };
        // Swing GUIs should be created and updated on the EDT
        // http://docs.oracle.com/javase/tutorial/uiswing/concurrency/initial.html
        SwingUtilities.invokeLater(r);
    }
}

編集

すべての赤色を検出して衝突境界として設定する

起動時には、「 getOutline(Color target, BufferedImage bi)のスムージング」にあるソースを使用して、赤いピクセルの概要を取得します( getOutline(Color target, BufferedImage bi)メソッドを参照)。 起動時に、そのAreaを単一の障害物として保存します。